スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年10月28日

相談を受けました

「彼女からのメールの返信が来ない。何度送っても数日こないなんて当たり前。それがとても不安なんだ・・・」

そうとある男友達から相談を受けました。

「女の子って男からのメールって面倒くさいものなの?」
と問われたのですが、返信のタイミングなどは人それぞれですし、
「面倒くさい」と思うのもひとそれぞれ。
ですので、‘何とも言えない‘というしかなかった私・・・。

それから自分の事を考えてみました。
彼から沢山メールがあれば、当然嬉しい。
それが例え、他愛ない内容だったとしても・・・何気ないメールのやり取りが愛を育むと思うタイプのようです。

しかし、「他愛も無いメールなんて面倒」だという女友達もいました。
「メールなんて、内容が無ければ意味がないじゃない?」
と彼女は言っていました。

そこでふと男友達のことを思い出しました。
男友達は私と同じ「回数重視派」
男友達の彼女は、私の女友達と同じ「内容重視派」
なのではないかと(`・ω・´)

メールの回数の多さや内容で愛情を計ることなんて出来ませんよね。
ただ、表現方法の小さな違いがあるだけでは・・・。そう考え男友達に早速連絡しました。
その時は「目からうろこ」といった感じだったのですが、結局は今でも彼女からの返信が無いことを不安がり不満がたまる一方のようです(・ω・;A)  


Posted by fblog4 at 10:52Comments(0)思うこと

2011年10月21日

よくわからないができること

普段はキリリとしていて、テキパキと仕事をこなす彼。
同性からも羨望のまなざしで見られることも多いようで、よく相談にものっているみたいでした。

同性から慕われる人って素敵ですよね?(´∀`)
同性同士は厳しい目で見ることが多いと思いますので、そんな同性に好かれる彼は本当に「格好の良い男性」なのだと思っていました。

彼と私の関係は「友達」
基本的には笑い合える様な話を多くしていたのですが、その日は真面目な話のほうが多かった様に思います。
彼に相談をしてアドバイスをもらったり・・・そんな夜でした。
さらにお酒も入ると、お互いのテンションも若干上がり恋愛の話で盛り上がりました(´∀`)

「○○(私)って意外と古風だよなあ」
なんて言われたりして・・・(*´σー`)
「○○君(男友達)は強くて格好いいイメージだよね」
と褒めた‘つもり‘だったのですが・・・。

「えー」と少し不満そうな彼。
どうして不満かと言うと「可愛い」と女性に言われたいらしいのです(笑)

一般的に「可愛い」と女性から言われるのは馬鹿にされているようで好きじゃない!
という男性が多い様に思っていましたし、彼に似合うのは「格好よい」だと思っていたので驚いてしまいました(ノ∀`)  


Posted by fblog4 at 12:32Comments(0)思うこと

2011年10月03日

女性が憧れること

女性にとって、結婚式というのは一緒に一度の憧れの晴れ舞台ではないでしょうか。

好きな人との結婚が決まったら、さあ「式はどうする?」「披露宴は?」という話になるものですよね。

そして、そこに一番情熱を燃やすのは女性ではないでしょうか。

最近では、男性のほうも「こんな式がしたい」と強い希望を持つ方もいるようで・・。

意外と男性のほうが奥さんよりも張り切って準備に取り掛かっていたり(笑)しかしこの結婚式の準備段階は「二人の絆」の強さを試す大きな試練でもあるのです。

大げさではないのです。

結婚式の準備中に仲たがいをして別れる、というカップルは実は結構多いんですよ。

知っていましたか?一番大きな理由は「意見の相違」そして「男性が協力的でないから女性が不満を持つ」ということらしいです。

意見の相違はどうにか折り合いをつけていくしかないと思うのですが、結婚式に対しての男性の意欲が低いというのは、確かに問題ではあると思います。

女性からすると「二人の結婚式なんだから、もっと興味を持って欲しい」と思うわけです。

意見も言って欲しいし、ドレスも花も何もかもに感心を持ってほしいんです。

男性は「花嫁が主役なんだから、好きなように決めたらいい」と思うようですが、そうなると、何だか自分だけが張り切ってるみたいで、女性は不満を感じるようです。

これから結婚式、という男性の皆さんは、ちょっと面倒でも「二人で作り上げる」という意識を強く持って、もっと協力し合っていってくださいね。

それでこそ満足のいく式になるはず!  


Posted by fblog4 at 10:23Comments(0)思うこと

2011年09月14日

浮気性の彼

浮気してもばれなければいい、と友人がいいました。

どうも、自分が浮気していることは絶対にばれないと思っているようです。

でも実際はご主人はそれを知っていると、また別の友人がいいました。

これはおもしろいことになってきている・・・とワクワクしてしまいました。

彼女は多分、たかをくくっていたのでしょう。

わきがあまいというかなんというか・・・。

友人は旦那さんとは、趣味でやっているスポーツの仲間なんです。

そこで「女房が浮気している」と相談されて、でもまだその事実を奥さんには問い詰めてはいないといいました。

ある夜酔って帰ってきた奥さんがメールの途中で寝てしまっていて、それを何の気なしにみたのがきっかけとか・・・ほら、やはり脇があまいんです。

そんなミスをしたとは気付かずに奥さんは、良い女房を演じているんですから。

はたからみたら笑ってしまいます。

旦那さんはもう少し証拠を集めてから、事をおこすというようでした。

どちらにしても、子供の親権など彼女の失うものは大きいですよね。

浮気がばれずに今でも、どこぞの彼と、上手くやっていると思い込んでいる、彼女の顔を見るたびに「結婚ってなんだろう」と思います。

どんなに愛し合って結婚しても、いずれどこかでこんなことになるんだったら、一生恋愛をしていたほうが気持ちも楽だし、悲しい思いも誰かを傷つけることもない・・・私はこの夫婦をみていてつくづくそう感じました。

一番かわいそうなのは・・・やはり子供達でしょう。

大人の浅はかな考えと行動で、傷つけられるのですから・・・  


Posted by fblog4 at 10:41Comments(0)思うこと

2011年08月24日

今年結婚するにあたって

恋愛と結婚の相手の基準が、若干違うのは、当たり前のことだと私は思います。


恋愛ではやっぱ多少は合わないとおもっても、外見重視で付き合ってしまうものです。


私がそういう考えになったのは、兄の影響が大きいとおもいます。


私の兄は去年結婚しました。


結婚する前に、何人か彼女を自宅に連れてきていましたが、これがなかなかの美人ぞろいで、「以外にやるな~」と、兄に感心していたものです。


でもこれが、外見、どの人も綺麗で、文句なしって感じなのですが、中には挨拶ひとつ出来ない人や、靴は脱ぎっぱなしの人・・・綺麗に着飾っていてもこんなんじゃな・・・と私は思っていました。


「こんなお姉さんができても、なんか合わないような気もしたし、イライラしてしまいそう」と思っていました。


ところが、しばらく女がいなくて久しぶりにつれてきた女性が、今までとは全く違う女性。


少しぽっちゃりしていて、でも人あたりがいい感じで、私とも話があってなんか気を使わないで話しやすい女性でした。


外見も至って普通で、派手ではなく・・・兄はこの女性と結婚したんですが、話を聞いてみると「一緒にいて気を使わないで、自分が楽にいられるところが、決め手だな」なんて偉そうにいっていました。


二人を見ているとそれがなんとなく伝わってくるようなきがします。


彼女も兄もお互いが、居心地のいい場所になっているんだなって。


あんなにいい女が好きだった兄が・・・思い出すとなんか笑ってしまいます。


  


Posted by fblog4 at 10:52Comments(0)思うこと

2011年08月10日

先週の旅行

結局温泉日帰り旅行は大成功!!彼はかなりお気に召した様子で、「温泉いいね!」ってめちゃくちゃ喜んでくれた☆体が凄い堅い人で、いつも体が緊張しとる人やから、温泉に入って楽になったみたい。

よかったよかった☆と言いたい所やったんやけど、夜中に彼に送ってもらった帰りに、家のお母さんが玄関から出てきた。

うちらが遅く帰ってきたのを見かねて色々注意されてしまった…。

「結婚前の女の子をこんなに遅くに帰したらいけないんじゃないの?本当に娘の事を大事にしてくれているなら、もう少し考えてください。

」と、淡々と彼に言った。

彼は「はい、すみませんでした、気をつけます。

」と深々と頭を下げた。

生まれて初めて、お母さんから外出とか、外泊の事で怒られた。

今までどんなに遅く帰っても、いくら外泊しても何もいわんかった人やったのに、何で急に言い出したんやろう。

そして、彼が帰る後ろ姿を見てお母さんが一言「あんたの彼氏大丈夫…?」っていった。

変な意味じゃないことは分かった。

お母さんは人を見抜く力が凄く長けている人やけん、こんな風に言いたかったんやないかなぁ~。

「彼ちゃんと生きてる?」って。

生気が感じられないっていってた。

やっぱり親子、感じるものは一緒なんだなって思った。

結局その事件後私の門限が11時って決められた。

門限!?この私に門限が出来るなんて!!ちょっとウキウキになった。

門限に憧れがあったけんやけど、門限が付けられて喜ぶ人も珍しいよね☆門限があることで、ある意味親公認になったけん、それもいいかな。

  


Posted by fblog4 at 10:09Comments(0)

2011年07月27日

きれいになりたい

ネイルサロンに通っていますか?
キレイで可愛いネイルが、女性は大好きです。
きっと、男性もきれいな指先が好きなはずと思っていませんか?
他にも、もてるため、彼氏をつくるためには、脱毛したり、エステに通ったり
さらに、ブランドバックや高級時計を身につけ、きれいな洋服をいつも着るなどの努力をしていますか?
一見、キレイにしていたほうがもてそうに思えますが
外見が良すぎると、外見目当て、または体目当ての男性が近づいてくる可能性が高いです。
短期の遊びなら、見た目が良いほうが良いのでしょう。
ですが真剣に付き合うのであれば、特に結婚となると
金銭感覚が近いということが大変大切になってきます。
男性は、エステに何万もお金をかける女性よりも、将来子供の為に一緒に貯金できる女性を
最終的には選びます。
見た目も相手選びの基準になりますので
ある程度気を使う必要がありますが
持ち物や服が全て高級ブランドでは敬遠されてしまう可能性がありますので要注意です。
また、ネイルアートをしている女性は家事をしなさそうというイメージがあるようです。
確かに、長いネイルで料理をするのは難しそうですね。
ですが、家庭的に見えないのに、実は料理が上手というギャップはとても効果的です。  


Posted by fblog4 at 10:08Comments(0)思うこと

2011年07月15日

今週は合コン

今週は合コンがある。


ウム…久しぶりの合コンだ…


昔は失敗しない合コンマスターと呼ばれた私ですが、最近は呼ばれもしないです。


そんな私が久しぶりの合コン。


腕が鳴るじゃないですか!ここで成功する合コンでの裏話。


それは、何と言っても女性の話に同調する。


それしかないでしょう。


女性というのは、男性と違って自分の意見に同調してもらう事を求めるものです。


ですから、自分からすると違うのかな?と思っても、とりあえずは相手に同調してあげましょう。


女性はプライベートで難しい話をされるのを嫌がります。


ですから、頭ごなしに難しい話で自分の意見を否定されると一気に気分を害してしまうのです。


例えば、○○っていいよね~といえば、そうだよねといいましょう。


違う意見であってもその場の空気を読むことが大切なのです。


博識のある男性であると、特に女性の意見に反論したくなるかもしれませんが、とりあえずは押さえておきましょう。


つい自分の詳しい分野についての話になると、皆が同調しているのにそれは違うんじゃないか?なんて言ってしまうと、その場の雰囲気も悪くなってしまいます。



あなた自身の印象も最悪といってよいでしょう。
空気が読めない男性だとレッテルを貼られてもしかたありません。


ですから、女性と合コンをした場合は、相手に同調してあげるという事を頭に入れて参加するようにしたらよいでしょう。  


Posted by fblog4 at 16:30Comments(0)

2011年07月05日

今が交わる瞬間

私は周りに「たまに難しいときがある」といわれてしまいます。(。pω-。)

それは異性に対する私の態度です。

自覚もあるのですが・・・それって良くない事なのかな・・・と少し指摘された内容に疑問を感じています。

「皆平等に友達」とはいえども、その「密接度」は違って当然ですよね!?
付き合いの長さや、一緒にいた時間・話をした内容・・・様々な要素で「特に仲の良い友達」という人が出てきてしまうのは自然な事だと思うんです。

そんな「特に仲の良い友達」に何かちょっとした「悪態」をつかれても冗談だと分かりますし私も本気にしません。
しかし、知り合って数日程度の人に言われたら、正直気分も良くないですよね!?(・ω・;A)

恋愛においてもそうです。
私は個人的に時間をかけたいタイプなので
「聞く音楽の趣味が似てる!だからデートしよう!」
といきなり言われたことがあったのですが(苦笑)そういうのがとても苦手で・・・。

聞く音楽の趣味が似ている→それをキッカケに話をしてみる→仲良くなる・・・という工程を踏みたいと思ってしまうんです。
男性からすると面倒なのかもしれませんが(・ω・;A)

そんな私の「過程」や「工程」を無視して走られてしまうと、どうしても人間関係の中で「平等」には見られなくなってしまうんです。
私がやっぱり「難しい子」なのかな?。(。pω-。)  


Posted by fblog4 at 10:26Comments(0)思うこと

2011年06月17日

残業はいや

「残業」って言葉イヤですよね。
今日は残業か・・・。そう思っただけで気が重くなります。
でも、何かがきっかけで残業っていいもんじゃん!
そう思う時だってあります。
今の仕事を初めて、来月で5年。
残業経験はとっても豊富!
自慢する事じゃないんですけどね。笑
新人の時の残業は、泣きたくなるほど嫌でした。
仕事終わったら飲みに行く予定をしてる時に限って、残業になったりするんですよね・・・。
神様は意地悪そう思った事が何百回!
大っきらいな残業が大好きになった瞬間!聞きたいですか!?
一緒に入った6つ上で背も高い、面白い、仕事もできるそんな私の中で完ぺきな人にずっと恋をしていました。
その人は出来る人なので、残業なんてしません。
でも、ある時一緒に残業する時が来たのです!
残業がこんなに楽しい時間になるなんて。
まだまだ残業していたかったぐらいです!笑
そんな思いをしたのは、入社して半年ぐらいたってからの事です。
残業は2人きりではなかったのですが、みんなで楽しく残業しました。
その日から、その人とはとっても仲が良くてアドレスも交換しちゃいました。
よく飲みにも行きます。
お付き合いには至ってないのですが・・・。
5年間も片思いしてます。
気になり続けているあの人も良く残業をするようになりました。
「今日は残業だな・・・。」そう思った瞬間も気が重くなる事はなくなりました。
残業を憂鬱と思っているみなさん。
何かをきっかけに残業する事は楽しい事!に変えましょう!  


Posted by fblog4 at 15:47Comments(0)